エネルギーを有効活用できとってもエコなZEHとは?

生活しやすい街

メンズ

名古屋は日本の中心に位置し古くから発達した地域です。鉄道や高速道路、空港などの交通機関の利便性が高く商業施設も多いので暮らしやすい場所です。一戸建て向けの物件も若い世帯からシニア世帯向けのものまで豊富に揃っています。

もっと見る

家を建てる条件を把握する

インテリア

近畿地方の中心地へのアクセスに優れている枚方市は、外出にとても便利な場所です。枚方市で住宅を建てる人に人気なのが京阪本線の樟葉という駅です。分譲の新築一戸建てを購入するなら隣家とある程度距離のある家がお勧めです。

もっと見る

家を建てるなら

つみきの家

どのような家なのか

ZEH(ゼッチ)は、家で消費するエネルギーを、家に設置した太陽光パネルなどで発電し、エネルギー収支をゼロ以上にする住宅です。それを実現するために、ZEHではエネルギーの消費量を減らすことが重要視されています。そのため、住宅の窓や外皮を高断熱仕様にして、冷暖房効率を上げています。また、設置する設備も省エネが重視されており、高効率な空調や給湯、照明などとともに、HEMS(ヘムス)も設置されています。HEMSは家のエネルギーの使用状況を管理するシステムです。現在の電力使用量や太陽光パネルの発電量をリアルタイムで知ることができますし、家電を自動制御できる製品もあります。自動制御により、電力使用量が設定値を超えると、照明やエアコンを制御し節電しますので、手動よりも効率的なエネルギー管理が可能です。

補助金を利用する

日本では2020年までに、新築住宅の過半数をZEHにすることを目標に、補助金を支給しています。2016年は対象住宅に対して125万円を支給し、蓄電システムにも最大50万円が支給されています。それに加えて、ZEHで電気料金が大幅に削減できたなどの実例もあり、人気が上がっています。そのため、補助金の競争率は高くなっており、条件を満たしていても審査で採択されないこともあります。また、補助金を申請するには、ZEHビルダーが建築や販売を行う住宅である必要があります。ZEHに関するノウハウが豊富で、補助金を得やすいZEHビルダーもありますので、確実に補助金を利用したいのであれば検討してみましょう。また、金額は少ないですが、自治体で何らかの補助が受けられる場合もあります。国の補助と同時に利用できる場合もありますので、調べておくのも有効です。

理想の住まいを手に入れる

家の模型

大阪で新築一戸建てを購入したいけれど、予算に余裕が無い場合は中古一戸建てを選ぶと良く、安い価格で手に入ります。多くの人が大阪で暮らす理由は、施設の充実や医療技術の進歩で暮らしやすく、建てやすい環境が揃っているからです。

もっと見る